ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカグランドサークル
2011年 04月 24日 (日) 10:39 | 編集
ここの所、自分の事ばかりにいっぱいいっぱいだったのですが、
そろそろ、本業に戻りましょう、と言うことで、夏に向けて旅を発表しました。

今年に入ったくらいから、ずっとずっと準備を進めていたのですが、
ようやく、表に出す事が出来ました!
アメリカ・グランドサークル・キャンプ旅!
トレックアメリカの都合で、ここしばらく、
オリジナルのコースが作れていなかったのですが、
今年から、テリーと言うトレックアメリカの担当さんが、
ばっちりとアレンジをしてくれることになったのです。
なんて心強い!
そして発表出来たのが、このコース。

   「グランドキャニオンを谷底から見上げる」
~ アメリカ西部国立公園 キャンプで旅する2000キロ ~


一番大好きなザイオンも、ブライスキャニオンも、
モニュメントバレーも、グランドキャニオンも入ってる!
せっかくだから、トレッキングを楽しみましょう。
グランドキャニオンではプラトーポイントまでのトレッキングも出来ちゃいます。
360度、グランドキャニオンに囲まれてみませんか?

しかも、ずっとアレンジが出来ず悔しい思いをしていたキャンプ泊!
久しぶりに、アメリカのでっかいスーパーでみんなで買出しをして、
自炊とかもしちゃいます。

そしてそして、今回の裏メインイベントは、
オーバーナイトジープツアーinモニュメントバレー。
ナバホのガイドさんが案内をしてくれて、
モニュメントバレーの真ん中にある彼らの伝統的な土壁ドームのホーガンに
みんなで宿泊しちゃいます。
そして、そこで頂くナバホタコスが、ボリューミーで旨い。
モニュメントバレーの中に滞在して頂くから、より旨いのです。

ホーガンのコピー

旅に出ると、朝日や夕日を眺める機会が増える。
たぶん、これは私だけではないはず。
お日様の動きと共に、1日の時間を過ごす。
地球の大きさ、宇宙の大きさまで感じてしまう。

モニュメントバレーやグランドキャニオンで、
空や、岩の色のグラデーションを、
その場の空気を感じながら実際に眺めてみるのは、
行った者にしか味わえない贅沢。
そんな贅沢、感じに行きませんか?
もれなく、ホーガンステイやキャンプご飯がついてきます・笑。

この夏は、アメリカでキャンプ、してみませんか?

スポンサーサイト
おまけの、おまけの、クラムチャウダー
2010年 06月 24日 (木) 14:22 | 編集
サンフランシスコ4


クラムチャウダーが好き。
クラムじゃなくても、チャウダーが好き。

サンフランシスコへ行ったとき、
どうしても食べたくて。
サワドゥブレッドに入った、クラムチャウダー。
みんなで行って来た

これ1つでおなかいっぱいになる、ボリューム。
ちょっとすっぱいこのパンが、
クラムチャウダーにとっても合う。

サンフランシスコに寄った際には、ぜひ。
フィッシャーマンズワーフにあります。
おまけのサンフランシスコ
2010年 06月 23日 (水) 13:52 | 編集
サンフランシスコ1


ヨセミテを歩いた後は、一路サンフランシスコへ。

サンフランシスコは、人生2度目。
アメリカへ初めて降り立ったのがサンフランシスコ(正確にはサンノゼ)だった。
前は1人でふらふらしていたけど、今回はみんなと一緒にゴールデンブリッジへ。
前日のヨセミテ・ハーフドームトレックで体中が痛いけれど・・・
笑顔でハイチーズ!

トレックアメリカのバンでグルグル周るサンフランシスコの街は、
大自然から帰ってきたこともあり、とっても新鮮で。
テンションも徐々に上がってくる。


サンフランシスコ2


サンフランシスコ名物、アザラシが、いっぱい。
ピア39のすぐ横は、アザラシがごろんとしている。
それを見ながら、サンセットセールクルーズの出航待ち。
メンバー、それぞれ思い思いの時間を過ごす。

サンセットセールクルーズはオプショナルツアー。
リーダーからこんなのあるよ、と提案があり、
最終日の打ち上げにちょうどいいね、と全員で参加。
2ドリンク、軽食付き。

さっき、上を通ったゴールデンゲートブリッジを、
今度はその下を通る。
海の上から眺めるサンフランシスコの街はとってもキレイで、
沈んで行く太陽に照らされながら、
この1週間を思い出して、振り返って。

帰りたくないなーって、そんな事ばかり思っていた。


サンフランシスコ3


アメリカからの出国場所ほどにしか、考えていなかったサンフランシスコ。
時間はあんまりなかったけれど、それでも、十分満喫できた。

自然も、街も。
この旅では、夏休みにしたいこと、全部が出来た気がする。
「これでもか、ってくらい、遊んだねー。」
誰かが言ったこの言葉、全員が納得。

西海岸を周る定番コースだったけれど、
定番には定番であり続ける理由があるな、
と、これも納得。

記事を書きながら、また行きたくなっちゃったな。
歩けば着くんだな、と思ったこと
2010年 06月 22日 (火) 16:52 | 編集
ヨセミテ1


ハーフドームに登るなら、水は4リットル持って!

それまで歩いたことのある方からも、
スタッフトミーからも、
トレックアメリカのリーダーからも、
「水は4リットル!」
そう、言われ続けた、ヨセミテ国立公園のハーフドームトレイル。

普段、一切運動なんかしない、私が、
ゆっくりしたい、まったりしたい、を連発する私が、
何を間違ったのか、ハーフドームを歩くこととなった去年の旅。
多くの人たちに心配されながら、
4リットルの水(これ、かなり重い、本当に・・・)に、
サンドウィッチにりんごにチョコレートにウィダーインゼリーに・・・
全部をザックに詰め込んで、
27キロ(以上あったんじゃないのー、実は・・・)歩いてきた。


ヨセミテ2


朝は暗いうちにキャンプサイトを出て、
6時にはトレイルヘッドへ。
そこから、約6時間後、歩いて歩いて歩いて歩いて・・・
私はサブドームの上でバンザイをしていた。
笑ってるけど、実は結構ヘロヘロ。

でも、ここまでの道のりも、
意外と好きだったかもしれない。
今、振り返ってみたら、ね。
左右にどんどん位置を変えるハーフドーム。
それを追って、ずっとずっと歩いてきた。

この後、いよいよ鎖場を登るのだけれど、
実は半分くらいで、ギブアップ。
ここまでで、体力を使い切ったのと、
高さが思った以上で・・・

でも、がんばった、私。
途中の滝まで行けたらいいなー、なんて言っていたので、
鎖場に辿り着けただけでも万々歳!
次回、絶対リベンジしよう。
そのために、もう1回、ヨセミテに来る理由ができた。


ヨセミテ5


サブドームの上で、360度ヨセミテの岩に囲まれていて、
何だか世界の中心で、ならぬ、ヨセミテの中心に立てたことが
密かに嬉しかった。
そんな、景色。
自分の足で歩いて来れたこと、
あぁ、シアワセだなー、って思う。

まだ着かない、まだ着かない、
ずーっとそんなことを思いながら、
ゆっくり、ゆっくり歩いていたんだけど、
小さくても、1歩あるけば、
着実に1歩、進んでいる。
それを繰り返していたら、
いつかはここまで来てしまっていた。
それに気づいたとき、ちょっと笑ってしまった。

ハーフドームを下り、
夕方6時半、ビジターセンターでリーダーと待ち合わせ。
この日の夕飯は、大きな大きなアメリカンピザでした。


***

あ、水4リットルは、重かったけど、安心感あり。
助かりました。
水場がトレイルヘッドから30分の所にしかないので、
やっぱり、水は大切。

そうそう、ハーフドームの鎖場は、
今年から土・日・祝日は1日400人のパーミット制になりました。
人気だからね、事故を防ぐためにも仕方がないのかな。
何気ない、ランチスポット
2010年 06月 21日 (月) 19:18 | 編集
ランチタイム


那珂川キャンプつながりで、
報告の終わっていなかった昨年のアメリカキャンプ旅の振り返りを。

トレックアメリカ社のアメリカの旅は、バンで移動をしながら、
ランチはお外でピクニック・ランチのことが多々ある。
時間をゆっくり使うのにも、ランチ代を節約するにも、
ピクニック・ランチは、ちょうどいい。

場所は、ハイウェイ沿いのパーキングだったり、
スーパーの駐車場だったり、
誰もいない公園だったり、
ガイドブックには載っていないような小さな街だったり・・・
本当に様々。

それが意外にも、はっとするような景色の中だったりするのだから、
アメリカってすごいな、と思ってしまう。


ランチボックス


場所が決まったら、
ランチの食材が入っているクーラーボックスをトレーラーから出し、
野菜を切ったり、ハムやチーズを乗せたりしながら、
即席のオリジナルサンドウィッチ作りが始まる。
食パン以外にも、ラップサンド用にラップも買っておくと、
毎日飽きずに食べられる。

たまに、朝食用のベーグルがどうしても食べたくなって、
こっそり、食べたりもする・・・
ごめんね、リーダー。
(これはブレックファーストだから、と、見つかると怒られる。)

そして、フルーツ。
日本で果物って、あんまり食べない。
1人暮らしだと特に。
でも、アメリカに行ったら、気づいたら食べてる。
リンゴとか、ネクタリンとか、マスカットとか・・・
去年はスイカも食べたね。
みんなでスイカの早食い競争をやってみたり。

これも、お外で食べると、とっても美味い。


木のポーズ


去年の旅の中で、一番好きなランチスポット。
ラスベガスからヨセミテへ向かう途中の小さな街。
周りを山に囲まれて、とっても素敵なところだった。

あまりにも気持ちがよかったので、
みんなで木(あれ、山だったっけ??)のポーズをしてみたり。
あぁ、また行きたいな、ここ。

目的地だけじゃなくて、
そこまでの工程までも楽しむ、
これが、線で旅することなのかな、
と、思ってみたり。

お天気の良い日は、ピクニック・ランチをしたくなる、今日この頃です。
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。