ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真のワークショップ3回目
2011年 03月 10日 (木) 19:29 | 編集
行って来ました、ワークショップ3回目。
講師は須田誠さん

WS1.jpg

授業中はこんな感じ。
測光の講義の時に撮った写真。
ちょっと明るすぎたね。

3回目ともなると、メンバーみんな、見知った顔。
お店に入った瞬間、久しぶり?、元気?の声。
2週間ぶりに会うみんなも、元気そうで何より。

そこでびっくりなのが、この2週間。
1人はボストンへの短期留学を決め、
1人は会社を辞めていた。
何だろう、このタイミング。
探検隊も大きく色々なことが決まったりしていたので、
変化の時なのかな、と思ってみたり。

動く時は、動くよね。
流れに乗って行こう。

ワークショップに出るようになってから、
写真をよく見るようになった。
それは、出来上がったものを見る時もだし、
撮る時も、じっくりとちゃんと見るようになった。

当たり前のことなんだけど、
結構、なんとなく(特にデジカメになってからは)撮ってることが多かったし、
なんとなく、見ていることも多かった。

でも、隅々まで見て、想像してみるだけでも、
シャッターを押す瞬間までしっかりと感じるだけでも、
写真ってやつは、面白いんだな、と思う今日この頃。

WS2.jpg

美味しいもの・1。
LION STOUT、スリランカの黒ビール。
濃い、黒ビールなんだけど、後味がチョコレートの風味。
おいしいのです。
今回初めて頼みました。

WS3.jpg

美味しいもの・2。
今回のカフェめしは、アジアカレー。
だいこんと鶏肉のカレー。
ぎゅっと味が染み込んだだいこんがうまい。
おなかいっぱい、ご馳走様です。

カメラがちょっとおもしろくなってきたので、
何かしたいなー、と思っていたら、
コマちゃんが始めるみたい。
探検隊・写真クラブ。
“メンバーは私と旅したことのある人”
あ、私もいいですか?
参加条件はOKだと思う・笑。

春だからね。
何か、新しいこと。


スポンサーサイト
写真のワークショップ2回目
2011年 02月 26日 (土) 19:32 | 編集
行って来ました、ワークショップ2回目。
講師は須田誠さん

宿題に出ていた、絞り値もしっかりと覚えて。
久しぶりに、勉強、した感じ・笑。

今回のテーマは、一眼の魅力、ボケ具合について。
コンデジ使いの私としては、ボケる、という事が、
楽しくて仕方ない。

カメラの基本的な構造を、ボケ具合を、
上手く表でまとめてくれて、
あぁ、こういうことだったのかー、と言うポイントが満載。
素人過ぎる私がいけないんだけど、
あぁ、こうすれば上手くボケるのかー、とか、
ISO感度ってこう変えればいいのかー、とか、
露出補正ってこうすればいいんだー、とか・・・
早く知っておけばよかったなー、と言う事が沢山でした。

1番ぐっと来たのは、
良い写真 ≠ 感じる写真
ということ。

ファインダーの四隅までしっかりと見て、
周りまでしっかりと感じて、
そのものの背景を探りながら、撮ってみる。
その為には、コミュニケーションが大切、と言うこと。

須田さんの人物写真は、本当にぐっとくるんだよね。
それは、須田さんがどれだけその人とコミュニケーションをとって、
その人に近づいて、写真を撮ってきたかという証拠。

そんな感じる写真が、いつか私にも撮れるかな。

好きなもの

自分の好きな食べ物を撮ってみる、と言う時間もありました。
私は、このオフィス近くに最近出来たパン屋さんのこのコ。
クリームなんとか。
名前を覚えていない辺りからして失礼だけど、
めちゃめちゃ旨いの、このコ。
このコの気持ちになりながら、撮ってみました。
うーん、難しい・・・

でも、ちょっとずつだけど、
カメラが楽しくなってきました。
最近毎日カバンには入ってる。
私にしては、かなりの進歩!
次回も楽しみだな。

沖縄そば

今回は沖縄そば、いただきました。
みんながね、メキシカンライスとか、ナシゴレンとか、
おしゃれなものを食べている中、沖縄そば。
おいしかったよ。
あ、沖縄そばの気持ちになるのは、忘れてしまいました・・・
おなか減ってたんだもん。
写真のワークショップ1回目
2011年 02月 15日 (火) 14:07 | 編集
行って来ました。
TRAVEL CAFE BLISSで行われた写真のワークショップ。
講師は須田誠さん

すごく素敵なカフェで、旅が好きな方にはきっとたまらない空間で、
写真のお話を聞いてきました。

DSC00178-3.jpg

私、旅の時は、あんまり写真を撮らない。
旅じゃなくても、あんまり撮らない。
極度のめんどくさがりと、
その場に身を置いている状態や、
目の前に広がる情景に、
ついつい、シャッターを切ることを忘れてしまう。
カメラを持って行っていればまだいいけれど、
忘れても、まぁいいか、私今ここで見てるし、感じてるし、
って、思ってしまうのだ。

あと、私がいくら撮っても写りきらない(と、思っている)、
でっかい世界に、やられてしまったのかもしれない。

そんな私が、普段おうちでだらだら休日を過ごす私が、
なんとワークショップに参加をする(しかも写真)。
なんて、画期的。なんて、革命的。
みんなに驚かれつつ、自分でも驚きつつ、
調子に乗ってカメラも購入してしまった・・・。

なんだかね、ピンと来たんだ。
なんだかね、今だと思ったんだ。

そんな直感だけで、ワークショップに参加してきました。

超ド素人なワタクシ、カメラも今流行りの小さなマイクロ一眼。
周りはみんな、本格的な匂い。
絞りとか、F値とか(あ、一緒?)もう分かんなーい。
そんな状態で、どきどきしながらワークショップは始まったのでした。

須田さんのお話を聞いていくうちに、
自分のことを言われているようで、ドキリ。

 写真はね、自分自身が写るんだよ。
 写らないのは、ちゃんと見ていないだけ。

あ、これって私のことなんじゃ・・・
いくら写してもちゃんと撮れないから、もういいや、って思っていた。
けれど、これって、ちゃんと私自身が目の前のことを見ていなかっただけかもしれない。

写真は押すか、押さないか。
あ、旅もそうだな、って。
旅に出るか、出ないか。
ただ、それだけ。

次回も楽しみ。
先生の言う通り、とりあえず、カメラは毎日持ち歩く事にしました。
そしてちょっとだけ、シャッターを切ってみようと思えるようになった今日この頃。

DSC00173-1.jpg

このターキッシュライス、優しい味でおいしかった。
ボケボケなのはご愛嬌。

copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。