ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの近況報告
2014年 03月 07日 (金) 16:39 | 編集
最近の近況報告を。

この頃、激太り中・・・ストレス!?ストレスなのか!?
ストレスフリーで生きてる気がしてましたが、
気づかないうちにストレス感じてたのかな。

これでは、日本に帰れない、と、
久しぶりにウォーキングを再開。
しかーし、再開した途端に、ぐんぐん上がる気温。
暑いっ、暑過ぎるっ。
一番暑い季節が近づいてきています。

最近、外食もあんまりしていないし、
野菜たっぷり自炊生活だったのになー、
と、生活を振り返ってみると、

これだ、これだ、これだ・・・

出て来るはお菓子作りの証拠(写真)たち。
シナモンロール、クッキー、マフィン、スコーン、果ては肉まんも作っていた。

粉物は怖いよ、誰かに忠告されたはずなのに、
時間もあるし、作るとストレス発散と言わんがばかりに、
最近色々作ってました。

そりゃー、体が重くなる訳ですよ。
はい。

しばらくはウォーキングを続け、
慣れたら久しぶりに走り出しましょう。
走るのが生活の一部になっていた時は、
全然苦にならなかったんだけどなー(逆には走らないと気持ち悪い)。
習慣って偉大でした。

日本に帰るまで半年ちょっと。
がんばります。

あとは、久しぶりに音楽をガンガン聴いてたり、
本を読みまくっていたり、ドラマを観たり、
日本以上に、日本なインドア生活をしてました。

現実逃避?
うーん。

バクホンの新譜が出るらしいじゃない。
これ、聴きたい。
ZIGZOさん、ARABAKI出るらしいじゃない。
これ、行きたかったわー。

最近は、伊坂さんをどっぷり読みまくっていて、
ようやく、最近の伊坂作品も好きになってきました。

あとは、コーヒーミルを頂きまして、
コーヒー三昧の日々を過ごしています。
ラオスコーヒー、美味いんですよ。
だからついつい、つまむものが欲しくなる・苦笑。

お家の居心地、非常に良いです。
快適お家ライフ。
あぁ、ますます出不精。

あと半年ちょっとしかないからね。
もう少し、色々出来たらと思っています。
適度にゆるりと頑張ります。


あー、長いつぶやきになっちゃった。
いく
スポンサーサイト
地球の歩き方パクセー特派員ブログ始めました
2013年 08月 24日 (土) 15:02 | 編集
キナバル山を登りに行ったり、日本に一時帰国したりで、
随分とブログの更新を怠ってしまいました・・・
パクセーに戻ってきて、ホッとしている所です。

さて、そうこうしている間に、地球の歩き方サイトの特派員ブログを書かせて頂くことになりました。
ありがたい。
旅するのに良さげな情報はそちらで更新して行こうと思います。

で、こちらのブログはパクセーでののほほんとした生活を。

昨日ね、自転車で買い物に行ったんだよね。
若干、自転車が漕ぎにくいなー、何でかなー、と思っていたら・・・

ペダルが落ちました。

・・・えっ?

ペダルがね、道路に落ちたんだよ・苦笑。

びっくりも、何も。
そのまま自転車を引っ張って、いつも空気を入れてもらってる近所のおっちゃんの所へ。
手に持ったペダルを見た瞬間、笑う笑うおっちゃん。
でも、すぐに直してくれました。
ありがとう。

そしてね、いつもは空気入れるのに1,000Kipなのに、
ペダル修理代はいいよ、いいよー、と受け取ってもらえず。
ありがとう。

もうね、写真撮っておけば良かったよ。
すっかり忘れてた。

なかなか、ラオス生活、面白いです。


水道料、その後
2013年 04月 01日 (月) 16:30 | 編集
たった今書き終わった記事が、全部消えて、ちょっと落ち気味の熊谷です。
保存、大切。簡潔に行こうと思います。

4月になりました。
パクセーは日々40度越えで、暑くて、だるだるです。
そして、お店では水鉄砲や携帯用の防水バッグが売り出され、
ピーマイ(ラオス正月)の水かけ祭りに向けて、
ラオス人は何だか気分が少しずつ高揚して行っているように思います。

そんな本日、12月分の水道料がようやく決着しました。
前に書いたんだけど(疑惑・・・疑惑・・・の続き)、
12月分の水道料がね、なんと320,000Kip(約40ドル)。ワォ。
月の生活費が300ドルちょっとの私にとって、これは痛いなんてものの支出じゃない。
それじゃなくても近隣諸国に比べて物価が高めのラオス。
日焼け止めとか日本と変わらない値段だったり、
女性はシン(ラオススカート)とか買わなきゃいけなかったりで、
月の生活はいつもギリギリ(限りなくマイナスに近い)なのに、
ここに来て40ドルの水道料!
ありえないっ!

で、前にも水道局に、1人暮らしなのに、こんなに水使えないだけど、どういうこと!?
と相談に行っていました。
その時は、1月、2月の水道料を見て考えましょう、ということになり、
それが出そろったので、再度水道局へ行って来ました。
ちなみに、1月、2月はそれぞれ50,000Kipほど。
12月と全然違うじゃーん。

水道局の結論。
12月分は大家さんに払ってもらいましょう。

はい、それがいいです。
でも、それは何度も大家さんに相談して断られているのです、はい・・・。

ということで、水道局の職員が間に入ってくれて、大家さんに交渉です。
1月、2月は50,000Kipだったから、50,000Kipなら私も払う旨伝え、交渉・・・。

結果、大家さん220,000Kip、私100,000Kipで、決着しました。

これは、想定内の着地点。
以前に相談していたラオス在住の先輩方からも、
50,000Kipから始めて、100,000Kipくらいで落ち着けばいいね、
とアドバイスをもらっていました。
そして、みごとにそこで落ち着いてくれたので、良かったー。
12月、入居時に掃除をしっかりとしたから、
それで水を使って100,000Kipということにしておきます。

どうしてこんなに高かったのかの真相は分からなかったけど、
(個人的には、私が入居する前の清算をしていなかったのでは?と思っている。)
入居する時には、ちゃんと水道や電気のメーターをチェックしておかないといけません。
いい教訓になりました。
(最近は定期的にメーターを自分で見て、写真を残してます)
そして、ラオス、とりあえず、何でも言ってみるもんだな、と。
この辺の柔軟性の高さはラオス人、やるな、と思います。

あ、簡潔じゃなかったけれど、悪しからず。


ワットプーについて、ちょっと悲しかったこと
2013年 03月 26日 (火) 07:04 | 編集
ラオスについて書いてるブログをね、色々と見ていたら、
「世界一汚い世界遺産、ワットプー」って感じの記事を書いている人がいたんだ。
この記事タイトル見ただけでね、
あぁ、この人はワットプー祭りの直後にワットプーに来ちゃったんだなー、って思って。
読んでみたらやっぱりそうで、何だか悲しくなってしまいました。

記事を書かれている方にとっては、1度きりのワットプー訪問かもしれない。
それでワットプー祭りの直後は、ごみばかりの姿を見せられて、
非常に残念な思いをされたと思う。
だけどね、それが全てじゃないのー、って思って、この記事を書いてます。

普段のワットプーは、ごみもきちんと処理されていて、
趣のある、美しい姿を見ることができます。
私はこの、荘厳とした静かなワットプーも大好きです。
山の上から見下ろす、バライとその先に続くメコンの流れ。
いくらでもぼーっとしていられる、のんびりとした所もお気に入りの1つです。
これが世界遺産なの?って言われるほど、小さくてのんびりとしている所だけど、
ここからクメール遺跡が始まったんだな、って思ったら、
ちょっとドキドキしちゃいません?
アンコールワットはあっちの方だよなー、とかね。

そんな、美しい姿のTHE・世界遺産なワットプーの姿を見たい方は、
どうか、ワットプー祭りを避けて、ワットプーへお越し下さい。
ワットプー祭りは例年1月~2月の満月の日1週間ほど前から始まります。
ですので、それを避けて、見学に来て頂けると、悠久の時間を感じられると思います。
よろしくお願いします。

そして、私にはもう1つ、こっちの顔のワットプーの方が、
実は、人間臭くて、とっても大好きなんです。
それは、まさにワットプー祭りのワットプーの姿。
あの、ごみごみとしたラオス人でいっぱいのワットプーの姿なんです。

ワットプー祭りは、ラオス人の生活の中のお祭りで。
あれ、うちの県にこんなに人いたのー!?、と思うくらい、
あの広大な敷地がラオス人で埋まります。
南部ラオスの他の県はもちろん、遠くはビエンチャンなんかからも、
訪れる人もいるような、ラオス人にとっては一大祭り。

いつもは何にもない所に、たくさんの出店&ブースが出たりして。
私も最初はね、世界遺産にこんなにお店とか出して、
景観が壊れまくりじゃない、と思っていたんだけど。
だけどね、これは、地元の人達にとっては、1年に1回の楽しみでもあるんだよね。
だって、パクセーで何でもあるわ、って思ってる私だって、
タイとかから来てる出店にどきどきしちゃったもの。
郡の村の人とかね、ここぞとばかりにお買い物したり、
バライの周りに御座敷いて、キンビア(ビールを飲む)したりしてね、
思い思いに過ごすのです。
そんな時間を、なかったことにしましょう、とは言えないもの。

満月の朝の托鉢に向けて、前日の夜からみんなワットプーに泊まり込みなんだけど、
いつもは早寝のラオス人、どうしたーっ!!ってくらい、盛り上がる。
音楽ガンガンかかってるし、キンビアしまくりだし、花火も上がって、
ラオス人のテンションもとっても上がってる!!
そんな様子を見ているのも実はちょっと楽しかったりして。
そして、そのまま朝を迎えるのです・・・

早朝、まだ朝日が昇らないうちから、ワットプーの参道では場所取りが始まります。
昨夜まであんなに飲んだくれてたみんながね、
きれいなシンとスア(ラオススカートとシャツ)を着て、
お坊さんへの供物を沢山用意してね、参道で待ってるの。
それがねー、もう、すっごい自然なの。
夜が明けて、辺りが明るくなってきて、周りの風景は変わっていくのに、
そこにいるラオス人だけは変わらないでそのままなの。
自然にひたすら、托鉢が始まるのを待つんだよね。

ワットプー祭りっていうお祭りではあるんだけど、
もうね、これは生活の一部なんだなって、すごく感じました。
ラオス人にとってはここにいるのが当たり前で、
お坊さんに食べ物やお金を差し出すのは当たり前で、
こんなに宗教と生活が一緒になっている世界を経験したことがなかったから、
ものすごく新鮮で、何だか、ものすごく羨ましくなったり。

だからと言って、ごみの問題までOKになる訳ではないんだけど、
それは、これからの国なんだなって思うから。
もう少し、気長に待ってはいただけないでしょうか?

どちらのワットプーも、ワットプーです。
どちらを選ぶのかは、あなた次第です。

中々アクセスしにくい場所ではありますが、
よろしければみなさん、1度はお越し下さい。
お待ちしています。



ラオスで英語を習ってみる。
2013年 02月 01日 (金) 07:43 | 編集
今週月曜日から、英語の学校に通い始めた。
ラオスで英語!
うん、ラオ語もままならないのに、英語!
始めてしまいました。

私のいる観光局は、外国人ツーリストがたくさん訪れるので、
英語必須!なのです。
しかしまぁ、出て来ないんですよ、言葉が。
これはこれは驚くくらい。
ラオ語を始める前はもうちょっと英語分かってたつもりが、
今はラオ語と英語がぐちゃぐちゃで、
頭を抱える日々が続いています。

そこで、友達が通っていた英語学校に、
今週から通い出してみました!
1日1時間半、週4日、16週間が1ターム。
これで、約1万3,000円なり。

クラスメートはラオス人とベトナム人、そして私の計11人。
先生はイギリス英語を話すインド人。
私以外は、数年、この学校に通ってる子がほとんどで、
みんな、お金に少し余裕がある所の息子さん、娘さんたち。
イギリスに住んでました、とか、
映画(サバイディー・ルアンパバーン)に出たことあるよ、とか、
みんな持ってる携帯はスマホでiPhoneやギャラクシー・・・
一瞬、ここは本当にラオスか!?
と、疑ってしまいたくなるような、個性的な面々です。

そして何より、みんな英語が上手い。
あれ、私このクラスでいいの?と思うくらい、
周りのみんなは普通に英語をしゃべっている。
(一応、レベル分けのテストしたんだけどな・・・)

英語で英語を習うのが初めてで、
過去形とか現在完了形とか、そんな名称が英語で分からなくて、
書いてある内容、聞かれてる質問の内容を、
理解するまでに時間がかかったり、
答えは分かっても、何でそう思うの?、と聞かれると、
途端に言葉につまったり・・・
ようは、英語で考えることが出来てないんだよね。
ワークブックを解くことは出来ても、
会話が出来ない典型的日本人のワタクシ、
毎日、かなりドキドキで、すごく刺激になっています。

オックスフォード大学が作ったテキストを使っているんだけど、
有名人とか沢山出てきて、英語を習う人達に興味を持たせようと、
してるんだと思うんだけど、ここはラオス、
しかも首都じゃない地方都市。
ビートルズ??しらなーい。
U2??しらなーい。
バンドってなぁに?
アルバムってなぁに?・・・
と、英語じゃなくて、文化の面で質問が飛び交います。
(今やってる所のテーマが音楽なので、こんな質問が。)
おもしろいね、色々と。

まだあんまりしゃべれない&新参者なので、
みんなが何かと気にかけてくれ、昨日の帰り際も、
「イク、明日は来ちゃダメだからね!クラスは月曜から木曜までよ。」
とみんなに言われる私。
「ありがと、ありがとー。また来週ねー。」

さて、日本に帰るまでに英語が話せるようになるのか、
こうご期待!!



copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。