ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンパーサック郡の地図
2013年 05月 27日 (月) 07:37 | 編集
この週末、チャンパーサック郡へ遊びに行って来ました。
日帰りでも行ける所なんだけど、今回は村のゲストハウスに泊まって。

そのゲストハウスに、手書きの地図が貼ってあったのです!

DSC05299.jpg

チャンパーサック郡の観光地がギュッと詰まった、
とっておきの、素敵な地図!!

え、全然詳しくないじゃないかって!?
いえいえ、こんか感じで網羅してるんです、はい。

しいて言えば、small bridgeの内、北側の橋が現在は落ちてしまって建設中なことぐらい。
それ以外は、完璧!
橋は落ちていますが、迂回路があるので、ちゃんとワットプーにも行けますよ。
ご安心下さい。

パクセー市内のね、こんな感じの地図を作りたいと思っています。
1枚持ったら、散歩に出たくなるような、
一言情報みたいのも入れて。
ここのカオピヤック・セン・パーは美味しいよ!、とか、
ここのカウチー・パテーは最高!、とか・・・
帰るまでに作れるといいな。
しばし、お待ちを。

スポンサーサイト
Tree Top Explorer in Laos、その5 ベースキャンプ編
2013年 02月 19日 (火) 07:12 | 編集
滝をシャーっと飛んだあとは、
滝の下までひたすら山を下って行く。
すると、これから2日間のベースキャンプになる、
Tree House Hotelに到着!!

DSC04360.jpg

ここまで来た時には、やっと着いたー、との達成感この上ない。
屋根はトタンで趣が・・・と思ったけれど、
雨季があるので仕方ないと気づく。

DSC04361.jpg

Ziplineのベースキャンプ、
ハーネスをかけるところもちゃんとあったりする。
そして、入り口には炭火が終日おきていて、
ボラベン高原産のコーヒーやお茶がいつでも飲める。

そしてそして、ここの1番の魅力は、
ウッドデッキからのこの眺め!!!

DSC04362 - コピー

さっき飛び越えた滝が、なんと目の前!!
いい眺めすぎるっ!!

ここのテーブルで、毎朝ご飯を頂きます。
なんて贅沢な朝食。
コーヒーブレイクもし放題。
疲れなんて、吹っ飛んじゃいます。

乾季だったから、水量はこんな感じだけど、
雨季になると、ウッドデッキにいても水しぶきがかかるらしい・・・。
本当かしら?すご過ぎる。
そんな雨季でもツアーはやってるらしい。
ドロドロ必死だけど、Ziplineはスピードが出て面白いんだって。
体力づくりをしてから、挑戦したいわ。

ちなみに、あの滝の滝壺で、水浴びできます。
女子はサロンを持参すると便利です。


Tree Top Explorer in Laos、その4 助けてもらう編
2013年 02月 18日 (月) 07:39 | 編集
たまーに、ブレーキかけすぎてゴールに辿り着けないことがある。

090 - コピー

宙ぶらりん、なのです、私。
はい、なので、停まっているので、みんなが写真を沢山撮ってくれるPhoto time。

そして、自力ではどうやっても進まないので、
こんな時は素晴らしい筋肉、もとい素晴らしいガイドさんが助けに来てくれます。

092_20130219104342.jpg

ハーネスにつないでもらって、このまま引っ張って行ってくれるんだけど、
本当に頼もしい。
そして、ほれてまうやろー、と錯覚するくらい、
この時のガイドさんたちはかっこいい。
筋肉がね、ラオスにこんな人いるの!?ってくらいしっかりあって、
みんな、目の保養にさせてもらいました(笑)

助けもあるので、思いっきり楽しめるZipline。
また行きたいなー。

Tree Top Explorer in Laos、その3 滝編
2013年 02月 15日 (金) 07:34 | 編集
ボラベン高原から流れ落ちる滝、たーくさん。
ここ以外にも沢山あるし、今までも色々見てきたけれど、
乾季でも水量もあり、美しい。ほんと。

DSC04238.jpg

こんな美しい滝、見るだけなんてもったいない。
この上、飛んじゃいます。



シューっと、ね。
まさか滝の真上をziplineで通ると思っていなくて、もう、最高の景色!!
足がすくむ高さだけど、もうそんなこと言ってる場合じゃない(笑)。

しかし、これ以上に足のすくむ、この滝の楽しみ方は、
最終日の朝に明かされるのでした。
それは、また今度。


Tree Top Explorer in Laos、その2 Zipline編
2013年 02月 13日 (水) 07:46 | 編集
初日のランチ後、いよいよZiplineが始まる!!

DSC04221.jpg

突如として現れる、プラットホーム。
ここから滑車をワイヤーにかけて、シャーっとスタート。
ハーネスがかなり安定しているから、安心感もどっしりとあり。
ラオスだし、ワイヤーとかハーネスとか適当なんじゃないの・・・?
と、始める前は疑っていたんだけど、ガイドさんの指導のもと、
しっかりしたシステムで、Ziplineを楽しむことができた。

DSC04223.jpg

高さとか、スピードとか、初めはちょっと怖かったんだよね。
だけど、ここまで来たら、後戻りする術はなく、シャーっと行くしかない(苦笑)。
ビビリな私は、毎回ドキドキしながらスターと。
すると、いきなり高さ100mくらいの所に、ポン、と出たりする。
高所恐怖症の人は、難しいかもしれないね。

DSC04220.jpg

向こう側へ到着したら、階段を使って降りるか、ロープで降ろしてもらう。
ビレイヤーのガイドさんの安定感の半端ないこと!
そして、筋肉が素晴らしい(笑)。
ガイドさんに支えられながら、初日に8本、2日目にたくさん(←忘れちゃった)、
Ziplineを楽しめる。

そうそう、ブレーキは木で出来ていて、
終点が近くなったらワイヤーにひっかけてスピードを落とす。
これがね、結構力が必要。
慣れるまでが加減が分からず、必死にブレーキかけて二の腕が筋肉痛。
そして、ブレーキをかけすぎると、終点まで届かず、
ガイドさんがワイヤーを伝って迎えに来てくれるオプション付きです(笑)。


copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。