ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホアイホン職業訓練センターで織物体験
2013年 03月 29日 (金) 07:40 | 編集
染色体験に続きまして、
再び、ホアイホン職業訓練センターで織物体験です。

DSC04916.jpg

体験用の機織り機が10台以上並んでいます。
あらかじめ縦糸のセッティングはされているので、
私たちはひたすら横糸をトントンと織り込んで行きます。

DSC04918.jpg

私が選んだのは青い糸。所々白いままでまだらになっています。
織り込んでいくと、面白い風合いの模様が出てきます。
何だか、やってるうちに、はまっちゃって。
無心でカラカラ、トントン、どんどんやりたくなっちゃう。
今回は半日コースで実質1時間ちょっとだったけど、
数か月かけて糸のセッティングから模様の入った布を織れるように練習する、
研修コースもあるそうです。
1度体験してから、そちらのコースに再び来られる方もいるようで、
何となく、その気持ち分かった気がします。

DSC04921.jpg

無心でやり続けたおかげか、10cm出来ればいいなー、と思っていた布は、
なんと、30cm弱まで出来ました!
出来た布も、お持ち帰りが出来ます。
お裁縫とか得意だったらな、この布からコースターとか作るんだけどな。
今のところ、そのまま飾ってあります。

ビエンチャンで炎天下の観光に疲れたら、
こんな体験も楽しいかもしれません。
街の中心からは少し外れているけれど、おススメです。
1時間~1日の体験コース、次は1日コースに行ってみたいな。
ちなみに今回半日コース、染色&機織り体験で150,000Kip。
お土産付きで、よい時間でした。


スポンサーサイト
ホアイホン職業訓練センターで染物体験・その3
2013年 03月 24日 (日) 18:58 | 編集
いよいよ、出来上がりのお披露目です。

DSC04913.jpg

右側の紫のひし形、私のです!!
キレイにひし形、出ましたよー。
紫は、ちょっと赤につけ過ぎちゃったかなー、とも思うけれど、
満足の出来る仕上がりとなりました。

ちなみに、一緒に参加したみんなが作ったのは・・・
左の青いのは、真ん中を竹で挟んで、
両サイドを紐でぐるぐる巻きにしたら出来た作品。
これ、とっても素敵。
青い色も美しく出来上がってます。

DSC04914.jpg

右の青いのは、布をつまんでそこを紐でグルグルにしたのを何個か作って。
素敵な模様になりました。
本当は、四角じゃなくて、まあるくなる予定だったらしいけれど、
これも素敵です。

左のピンクは、波々に畳んだ布を、端から紐でグルグル巻きにします。
するとこんな細かい素敵な模様に!
ピンク色もかわいい!

それぞれみんな、個性的で素敵。
世界に2つとない、オリジナルな染色体験、
お友達同士でも、子供を連れて家族でも、
もちろんゆったり1人でも楽しめちゃいます。
旅先での、こんな時間の使い方、久しぶりにいいなーと思っちゃった。
染色だけなら、1時間くらいで体験出来たと思います。

ちなみに、我々半日コースは、染色に続いて機織り体験が待っています。
それは、また今度。



ホアイホン職業訓練センターで染物体験・その2
2013年 03月 20日 (水) 07:18 | 編集
染物体験、いよいよ、染色です。

私は紫色にしてみることに。
絵具と一緒で、青と赤を混ぜると紫になります。
なので、まずは青からスタート。

DSC04902.jpg

藍染の藍です。
これ、服に付いたら落ちないので、エプロン着て、グローブをして染めます。
もみ込むようにして、中まで浸透させて行くんだけど、
これね、結構時間がかかります&中腰で腰が痛い(苦笑)
薄く染めたい人はそんなに時間をかけず、
インディゴくらい濃くしたい人はじっくりと染め込みます。
濃い青にしたい人達は、途中から椅子を借りて長期戦です。
私はこの後、赤も染めるのでほどほどに、1度水ですすぎます。

DSC04904.jpg

次に赤い液の中へ投入&もみ込み。
これね、すごい臭いがキツイ。
赤の原料は虫らしく(ラックってこっちの人は言ってた)、
多分、ペルーで見せてもらったあの小さい丸っこい虫と一緒だと思う。
十分浸透させた後は・・・

DSC04908.jpg

ボールごと火の上へ。
グツグツとかき混ぜながら沸騰させます。
この時も臭いがね、すごいの。
赤い沸騰した液体を棒でかき混ぜる、さながら魔女のようなワタクシ。

DSC04909.jpg

私の目線だと、こんな感じ。
赤い液体、煮えたぎっています。染色、意外とハードです。

青を染めていた人達も終わって、私もようやく最後に染色終了。

DSC04912.jpg

熱いので、そのまま水へ投入し、すすぎに入ります。
そしていよいよ、竹と紐を外して、
私も模様と初対面!!
どんな模様になっているのかなー。
テンションあがるよね、これ。楽しみ、楽しみ!!

模様のお披露目は、その3へ続く。



ホアイホン職業訓練センターで染物体験・その1
2013年 03月 19日 (火) 07:30 | 編集
せっかくビエンチャンに上がったので(こればっかりだわ・・・)、
前から気になっていたホアイホン職業訓練センターの半日体験コースに参加してきました。

女性の職業訓練を目的として設立されたこの施設、
実際に、糸の染色や、機織りの様子を見学させてもらえます。
でも、見学よりも何よりも、ここを訪れる人々の多くは、
染色や織物の体験をするのが目的!
住んでると中々来ないかもしれないけれど、
お友達が遊びに来た時なんかに、ちょうどよいアクティビティかな。
自分で作ったものがお土産に頂けるので、嬉しい感じです。

DSC04875.jpg

まずは染色体験!!
ストールに自分の好きな模様を染めて行きます。
写真や実物の見本を見ながら、好きな模様を考えて・・・
色は、インディゴ、ピンク、黄色、緑、紫から選べます。

DSC04877.jpg

ラオス人スタッフの女の子に教えてもらいながら、
布を織り込んで行きます。

DSC04885.jpg

竹や紐を使って、染めたくない部分(模様にしたい部分)を縛っていきます。
既にこの時点で、なんでここを結んだらあの模様になるのか、
ついて行けなくなっています(苦笑)

DSC04891.jpg

私のは、こんな感じになりました。
さてさて、どんな模様になるのかは、お楽しみに。

DSC04899.jpg

そして、いよいよ染めに入るための準備として、
染色液が浸透しやすいように、まずは水に浸します。
あ、みんな個性的な感じだね。
出来上がりが、非常に楽しみ!!

と、言う事で、その2へ続く。


カリスマ美容師に髪を切ってもらう at ビエンチャン
2013年 03月 18日 (月) 07:50 | 編集
髪を切りました。
ビエンチャンに上がったついでに。

初めはまったくそんなつもりはなかったんだけど、
「代官山のカリスマ美容師が来ているらしい」
との情報に、日本に帰るまでは切らない、と思っていた私も、
日本人に切ってもらえるなら、と行って来ました。

日本のNGO団体ADDPが行っているラオスの障がい者就労支援の1つで、
美容の職業訓練があり、その一環で日本からカットの指導に来られたそう。
そんな、代官山のカリスマ美容師にカットしてもらいました。

カットのリクエストは、あと1年くらい切らなくても大丈夫な感じでお願いします、です。
カリスマに対して、ひどい注文・・・
でもね、次はいつ切れるか分からないから仕方がない。
苦笑しながらも、長さは変えずに整えてもらって、髪をすいてもらいました。
すっかり軽くなって、気分も軽やかです。

切ってもらっている間は、訓練生のラオス人が周りで凝視。
どんな風にカットするのか、みんなハサミに注目です。
ここを卒業していく子たちは、どんな美容師さんになるんだろう。
ちなみに、シャンプーはラオス人の子がやってくれました。

シャンプー・カット・ブローでしめて100,000Kipなり。
日本円で約1,000円ちょっと。
ラオスでこの値段は少々するけれど、日本で考えたら、安いよね。
ちなみにカリスマに日本で切ってもらうと1万円以上らしいです。
この収益は職業訓練で使われるとのこと。
こちらはすっきり、さっぱりさせてもらったので、
気持ちよく支払わせて頂きました。
ありがとうございます。

何ヶ月かに1回の割合で、ラオスにボランティアで指導に来てるんだって。
また次回、タイミングが合って、切ってもらえるといいなー。

この事業、元政治家の八代英太さんも支援されてるみたいで、
車いすで元気にラオスにいらしてました。

ラオス、色々な日本人が、おりますなぁ。


copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。