ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かまくらで待つ時間
2010年 03月 30日 (火) 22:18 | 編集
かまくら

このかまくら、キースロッジの前にあります。

3ヶ月前、このロッジに滞在したメンバーが、
このかまくらを作ってくれました。
入り口はちょうど、北側。
中から、北の空がはっきりと見えます。

夜、かまくらの中でごろんとなりながら、
入り口にちょこんと座りながら、
2人ずつ、オーロラ当番。
順番に、隣にいる人を変えながら、
色んな話で盛り上がりながら、
オーロラを待ちました。

たった、6日間。
みんなと一緒にいたのはそれだけなのに、
どうしてこうも、みんなのことを知っているのだろう・・・

それはきっと、この、かまくらの時間があったから。

春になったら、私たちの秘密と共に消えてしまうのかな。
なんて思ったら、ちょっとだけ寂しくなりました。

素敵な時間をありがとう。

作ってくれたみんなも、ありがとう。

関連記事
スポンサーサイト
アラスカから帰国
2010年 03月 28日 (日) 18:18 | 編集
キースロッジ

アラスカより、帰国しました。

今回の旅は、とにかく濃かった。
オーロラも、メンバーも。
そしてすごく、居心地の良いみんなとの距離感。
それはきっと、この6人だったから。
そうだと思う。

ごはんを作る時のチームワークとか、
サプライズの準備を進める具合とか、
オーロラを待つ時間とか・・・
ものすごくぎゅっとした時間を過ごす反面、
1人で日記を書いたり、お散歩したり、パズルに没頭したり・・・
それぞれの時間も過ごすことができたのは、ちょっと嬉しかった。
そしてそれが、このロッジでの過ごし方なのかな、とも思った。

キースもベルマもみんな元気で、
ブライアンが去年より大きくなっていて、びっくり。
変わらずにいてくれることの嬉しさもちょっぴり感じてきました。
次回もきっと、みんな優しく迎えてくれるんだろうな。

そうそう、オーロラ見えました。
写真はデータが届いたら紹介しまーす。
明日からアラスカ
2010年 03月 19日 (金) 22:44 | 編集
明日から、いよいよアラスカ。

今回は私を含めて6人と言う、とっても小さなグループ。
まさに、本当に家族のような、この人数。

キース爺のロッジで、どんな風に過ごすのか、
そしてでっかいオーロラに出会えるのか、
もう、わくわくどころではなく、楽しみなのです。

今回のテーマ。
どれだけ、それぞれのペースでゆったりとオーロラを楽しめるか。
そしてそれが1つになった時に、どんな化学反応が起こるのか。
じわじわと楽しんできたいと思います。

まずは、シアトルの空港でクラムチャウダーを食べることが、
目下の目標(笑)

現地から更新できないので、次は帰国後、お会いしましょう。
それでは、行ってきます!
(シアトル線、オーバーブックらしい・・・ちゃんと飛行機乗れるかな)
世界は案外、狭いのかもしれない
2010年 03月 15日 (月) 11:52 | 編集
昨年モロッコの旅で一緒だったオーストラリア人ご夫婦のブログを久しぶりに見に行った。
旅ブログでとても素敵なのだが、今年に入ってまたいくつか記事が更新されていた。
どこ行ったのかなぁ?、と思って見ていたら、どうやらベトナム、らしい。

ベトナムは、ホーチミンを中心とした南側しか行ったことがないけれど、
バイクの喧騒と、そして、ご飯がおいしかった思い出がある。

もう1回行ってみたいなぁ、と見ていると、
なんとなーく、見たことのある人が写真に写っている・・・
うーん、誰だっけ???
しばし、考えてみると、
あ、去年ベトナム多国籍ツアーに参加したお友達のツアーリーダーかも。
早速、彼女に確認をしてもらう。

「あ、リーダー!!まさかこんな所で再会するなんて!」

やっぱり、そうだった。

モロッコで出会ったオーストラリア人の彼らはその時お仕事でロンドンに住んでいて、
今はオーストラリアに戻ってきて、ベトナムへ旅に出たらしい。
そして水曜どうでしょう好きなお友達は、ベトナムを縦断すべく旅に出た。
そして、偶然、リーダーが一緒だった。

自分の知らないところで、着々と、世界はつながっているんだなぁ。
モロッコもオーストラリアもベトナムも日本も、
実はお隣同士なんじゃないかと、錯覚してしまう。

世界は案外、狭いのかもしれない。

多分、求めているのはこれ
2010年 03月 13日 (土) 14:44 | 編集
今とっても、ここが居心地がいいのは、
きっと、これだな、と思った。

ひとりにしておいてもらえる。

その状況って本当に難しい。

いつも旅に出るとき、まさにこれを想像しているんだけど、
いつもいつも、試行錯誤。
だから、このスナフキンの言葉に、
そうなの、そうなの!
と、思ってしまった。

これこそ、私の理想。
一緒でもひとり、ひとりでも一緒。

 ぼく、ムーミンたちのことだって、煩わしく思うこともある。
 だけど、彼らとくらしていると、一緒でも、ひとりでいられるんだ。
 あんなに何年も、長い夏を、ムーミン谷で過ごしていたのに、ぼくは気づきさえしなかったんだ。
 ムーミンたちは、ぼくのこと、ひとりにしておいてくれたんだ - スナフキン

copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。