ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気づけば、もうすぐ。
2010年 07月 31日 (土) 14:05 | 編集
モンゴル


気づけば、あと2週間とちょっとで、モンゴル

私の人生、モンゴルで馬に乗るなんて、全然想像していなくて。
そして、未だに想像が出来ていない。

でもね、よく考えたら、人生想像していない事ばかりだよなー、と。

海外に旅に出るなんて、想像していなかった。
東京で暮らすなんて、想像していなかった。
探検隊で働くなんて、想像していなかった ・・・

色んな人たちから、モンゴルのお話はいっぱい聞いてきたけれど、
それが全てではないと思うから。
私には、私のモンゴルがあるはず。

それは、一緒に行くみんなも同じこと。
それぞれの、モンゴルが待っているはず。

うん、モンゴル、とっても楽しみだ!
想像以上の世界を、見せてもらおう。
関連記事
スポンサーサイト
差し入れ
2010年 07月 30日 (金) 17:16 | 編集
ケーキ


本日、隊員さんからケーキの差し入れ。
旨いっ。
ごちそうさまでした!
ラフティングと洞窟探検とキャンプごはんと私。
2010年 07月 30日 (金) 11:51 | 編集
この夏、チャレンジすることはモンゴルとユーコンの2つだけかと思っていたら・・・
9月の連休に、長良川へ初めて行ってきます!


nagaragawa3.jpg


nagaragawa4.jpg


ラフティングは何度か軽ーくしたことはあるけれど、
1日体験は初めて。

昨年、長良川から帰って来た中村隊長が開口一番、

「ラフティングって面白い!ただ下るだけじゃなく、
 波乗りしたりひっくり返ったり、色々できるんだよ。」

そんな話をしていました。
あまりにもワクワクと語る隊長を見て、
あぁ、これは1回体験してみたいなー、そんな風に思っていました。


nagaragawa1.jpg


nagaragawa2.jpg


洞窟探検(ケイビング)。

「どろどろになりながら進んで、もう本当に探検なんだよ。」

写真を見るだけだとあまり想像が出来なくて、
どんなものなのか今からとても楽しみ!

どろどろになることなんて、普通に暮らしてたらないもんね。
どうせだったら、あえてどろどろになってみようかな。


nagaragawa5.jpg


まったり派な私。
キャンプごはんが何よりも楽しみ!(って言ったら怒られる!?)
この前の那珂川からキャンプごはんにはまっています。
みんなでワイワイいって作るのも、
お外で食べるのも、なんて気持ちがいい!

今回お世話になるアースシップの今年オープンしたばかりのキャンプ場も楽しみの1つ。
普段からそんなにアウトドアではない私だけれど、
キャンプは大好きなので、今回も楽しみなのです。


ラフティングと洞窟探検とキャンプごはん。
童心に返って思いっきり遊んで来たいと思います。
この夏最後のアウトドア、一緒に体感しませんか?

関連記事
ちょいと、一休み。
2010年 07月 29日 (木) 15:21 | 編集
サッズチケット


夏フェス行きたい、そう言い続けて早数年・・・
今年も行けそうにはないけれど、
お休みを取って、久しぶりにライブへ行ってきました。

ブログを読み返してみたら、前にライブに行ったのが2007年4月。
わぉ、3年振り!
もう、ライブハウスがどんな所かも忘れちゃったよ(笑)

そんなこんなで、行って来たのはサッズのライブ。
たまたまタイミングが巡り巡って、
7年ぶりのアルバムを手にして、
聴けば聴くほどはまり込んで、
ライブへ足を運ぶことになりました。

開場前のざわめきとか、
開演前の高揚感とか、
久しぶりに履いたスニーカーとか、
久しぶりに買っちゃったライブTシャツとか、
1000人近い人達がいたんだけれど、視線はみんな同じ方向で、
あぁ、ライブってこういうものだよね、と1人で納得しながら、
始まる前から、どきどきしっぱなし。

ライブのパワーは圧倒的。
ギターもベースもドラムも、圧倒的な音の重さの中に、
ヴォーカルががっしり乗っかって。
ライブバンド、って言い方が正しいかどうかは分からないけれど、
彼らはステージが良く似合う。

ギューギューのフロアの中、
叫びすぎて、腕を上げすぎて、
ヘロヘロになりながらも、心地の良い疲労感。
彼らのライブは男子も多く、フロアもパワフル。
頭の上を何人もの人がダイブ!
何曲やったのかも分からないくらい、
あっという間の2時間半。

ライブは生ものだ。
その一瞬でしか、味わうことの出来ない、
リアルな体験。
MP3の中の音とは全く異なる世界が待っている。
音の重みとか、体いっぱいに感じることなんて、
そうそうない。

あの4人+スタッフのチーム力、そしてお客さん。
この一体感、最高だ。
どうしよ、久々にこんなすごいライブに行ってしまって、
この後、物足りなくなりそうな予感。

***

ベースのクボタさん側にいたのだけれど、
なんであんなにジャンプしながら弾けるの!?
かっこよすぎる。
そして、42歳の清春氏は、相変わらず素敵でした。

整理整頓
2010年 07月 11日 (日) 15:54 | 編集
ブログの記事をカテゴリーにちゃんと分けました。

アメブロから引っ越して以来、
過去記事のカテゴリー分けを放置していました。
だって、300件近く、仕分けするのがめんどうだったのです・・・
ごめんなさい。

日曜のゆったりした午前中、
とうとう手をつけてしまいました。
がんばりました。
きれいにカテゴリーに分けてみました。
これで、投稿0のカテゴリーが、なくなりました。


前のブログを始めたのは、社会人になるタイミング。
そのまま記事を引っ張ってきているので、
このブログにも、東京に来てからの日々が残っています。

改めて、昔の記事を読みながら、
あぁ、こんなこと考えていたんだよなー、とか、
うわっ、発言が青い・・・、とか、
ちょっと恥ずかしくなったりしましたが、
これも含めて自分だと思えば、うん、納得です。

そして、最近は旅の話、地球探検隊の話しか書いていないことにも気づきました。
過去記事の私は、とっても自由。
何でもありで、書いていました。

今だって自由にブログを書いているけれど、
これは書こう、これは書く必要がない、と分けてしまっていたのかな、と。
無意識に、「公」と「私」、そんな区別をしてしまっていたのかもしれない。

それは悪いことではないけれど、何だか全体をぼんやりとさせてしまっていて。
初心に返って、もう一度ブログを始めようかな、と思います。
もちろん、昔のような若いパワーもないので、途中で挫折してしまうかもしれないけど。
気長に、前よりちょっとだけラフに、
目の前のことだけでなく、ちょっとした感情も入れながら、
ありのままで歩いて行けたらと思います。

疲れたら休む、と言う方法も覚えたので、
長い目で見てもらえると嬉しいです。

よろしくお願いします。


熊谷郁

copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。