ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書タイム
2013年 01月 31日 (木) 07:21 | 編集
シーパンドン、ドン・デッドで泊まった簡素なバンガロー。
1泊、30,000Kipなり。

DSC03836.jpg

ここのね、
入り口にあるハンモックに揺られながらの読書タイム、
最高です。

読んでた本は、壬生義士伝ですけど、
最高です。

いえ、好きなんです、壬生義士伝。
南部弁がね、好きなんですよ。
あったかい感じとかね。
もう、話せる人、ほとんどいないんだろうなぁ。
なんて、ちょっとセンチメンタルになりながらの、
ハンモック。

昔は、時間を惜しむように、
観光に駆けずり回ったこともありました。
でも、こうやってのんびり旅先で時間を過ごすのも、
最近は、悪くないな、と思っています。
それが出来る歳になったのか、
はたまた疲れていただけか・・・

3日あれば、シーパンドンでゆっくり出来ることが分かったので、
またちょっと煮詰まった時には、
足を延ばしたいな、と思っています。

年末年始に比べると、文庫本の在庫が増えたからね、
次は何を持って行こうかな?


関連記事
スポンサーサイト
The right sightseeing of 4,000 Islands
2013年 01月 30日 (水) 07:49 | 編集
シーパンドンの正しい過ごし方。

DSC03783.jpg

こんな感じの、川に面した食堂で、
何もしないで、まーったり、と過ごす。

朝から、宿を変更しようと歩いて、
荷物置いて、シャワー浴びて、ぼーっとして。
いい加減動かないと、もったいない!
と、動いて、雰囲気の良さそうな食堂で、
まったりのんびーり。

こんな気持ちのよい場所で、三角枕があったら、
ごろごろするしかないのです。

DSC03779.jpg

ご飯は、お魚が美味しい!と言う事で、
左から時計回りに、
ラープ・パー(細切れ魚の温かいサラダ、普通は鶏や豚なんだけど、魚の物はここの名物)、
タム・マーク・フン(千切りパパイヤのサラダ、パデークが大量に入っているのが南部名物)、
魚のハニー&レモン蒸し(ためしに頼んでみた)。
これにカオニャオ(蒸しもち米)でお昼を頂きます!

普段は、お魚、あまり食べません。
1人で食べるには大きすぎるし、家では中々調理出来ない・・・。
そして、他のお肉に比べると、ちょっと高い。
だから、みんなで集まった時とか、お客様がいらした時は、
一緒に食べに行ったりします。

ハニー&レモン蒸し、美味しかった~。
こんなおしゃれな物、パクセーにはありません。
さすが、シーパンドン!!
ほかのものも、みんな美味しく頂きました。

そしてゆっくり、ゆっくりしていたら、
あっという間にもう15時!!
やばいっ、何もしてないのに1日が終わってしまう・・・
でも、これがここでは、よい過ごし方なのかな、とも思ってしまいました。

文庫本でも持って、ごろごろするの、気持ちいいだろうな。
でも周りはみんな、スマホやiPadを触る人ばかり。
WIFIもあんまり早くはないけれど、結構飛んでます。
情緒とは裏腹に、意外と快適に過ごせるのですよ、ラオス。


Bolaven CAFES
2013年 01月 29日 (火) 23:28 | 編集
久しぶりに、パクセーのお店紹介。はい。
カフェだって、あるのよ、ここ。

DSC03949.jpg

パクセーの国道13号線沿い、通称外国人通りにある、名前の通り、ボラベン高原で採れたコーヒーを頂けるカフェ。
水色の丸い看板と、Free Banana!!が吊るしてあるので、すぐにわかると思う。
ここのよさは、美味しいコーヒーを頂けることと、冷房の効いた店内でFree Wifiも使えちゃうこと。
そして、ツンデレな対応の多いパクセーのカフェの中では、スタッフの笑顔は一番かと。
ただ、仕事をしないで話に夢中のこともあるので、それはラオスだなー、と思います(笑)。

アイス・デライト・コーヒー、という名のコンデンスミルク入りのコーヒーがお気に入り。
甘くしないで、というと、普通のミルク入りでも作ってくれます。
ラオスでは珍しく、アメリカンコーヒー(砂糖の入っていないブラック・コーヒー)も飲める!

フードのメニューもそこそこあるので、ランチや軽めの夕食をとるのにもちょうどいい。
そして、ほとんどのフードにはコーヒーが1杯ついてきます。
なので、ご飯頼んで、コーヒーと一緒に、なんてこともよくやります。

DSC03934.jpg

ブレックファースト・メニュー(と言いつつ、いつでも頼めます)の中にある、
ワッフルが私は大好きで、よく頼みます。
ラオスにいて、こんなに普通のワッフルが食べられるなんて!!、と感動したのを覚えています。
結構大きいのが出て来るので、意外とおなかいっぱいです。
コーヒーもね、マグカップで出て来るので、ゆっくりしたい時には嬉しい限り。

お店のブランドのコーヒー豆も販売しているので、お土産にもいいかも。

パクセー在住者には、涼しくPCが使える、憩いの場所、ボラベン・カフェです。
我が家からも近いので、結構な頻度で生息中。
入り口のFree Banana、たまに帰りがけに頂いちゃいます。ありがとう。


疑惑・・・のつづき
2013年 01月 25日 (金) 17:37 | 編集
水道局、行ってきました。
結論からすると、次回の請求まで様子をみよう、
ということになりました。

メーターの番号とか、色々見てもらったんだけど、
結局、318,120Kipで合ってる、とのこと。
うーん・・・。
「でも1人だよ、こんなに使わないよ。」
「そうだよねぇ、使えないよねぇ・・・」
と水道局のおじさんたちも、うーん、と悩む。
そしたら、ボスらしきおばさまが、
「次の請求まで待ったらいいよ。そうしたら使ってるかどうか分かるでしょ。」
と、一言。
この辺の柔軟性、ラオスすごいな、と思います。

ということで、今回は支払せずに、次回の請求書待ちとなりました。
それ見て納得出来ればいいんだけど・・・
何だか怖くて、あんまり水が使えなくなりそうな感じです。

それから、帰ってきて、大家さんに外の水道の件を確認してみた。
「それ、工事の時に間違えて土の中に配管しちゃったから、
 今ので合ってるんだよ。」
とのこと。ん、そうなの?
お隣の水道ひねって、お隣のメーター回って、大丈夫でしょ?と確認。
ここまで見せられたら、うん、納得です。

あと、水漏れとかしてたら嫌だな、と思い、チェックを頼むも、
大丈夫だよ、平気だよ、と断られてしまったので、
結局、何で高いのか分からないけれど、ひとまずは次回請求待ち。
たまに、ちゃんとメーターをチェックしよう、と思います。
また、その後の報告も、したいと思います。

疑惑・・・
2013年 01月 25日 (金) 07:43 | 編集
ええと、12月の水道料金が318,120Kip(約3,200円)でした。

1ヶ月分の生活費の、実に1.5割ほどが水道料になる計算・・・
友達と豪華に外食したら、ビアラオ飲んで美味しいもの食べて、
が、6回ぐらい出来る計算・・・

DSC03988.jpg

先日、家へ帰ったら、初めての水道料金の請求が来ていました。
近くに住んでいる人や友達からは、水道代は月300~400円くらいかな、
って、聞いていたので、ん?、あれ?0が1個多いんじゃないかい?
と、驚く金額。
ちなみに12月の電気代は約450円でした。

とりあえず、大家さんの所へ駆け込んでみる。
「水道料、めっちゃ高いんだけど、これ、合ってる?」
と、請求書を見せると、
「うちもこのくらいよ、一緒一緒。」
との返事。

え、そうなの???
ちょっと考えてみると、大家さんのお家はゲストハウス。
お客さんが毎日沢山泊まっています。
そりゃあ、3,000円くらいになるでしょう。
「私、1人暮らしなんだけど。しかも12月の1ヶ月だけだよ!?」
「家の掃除とかで水沢山使ったんじゃないの?」
「掃除はしたけど、別にそんなに使ってないよ?」
「でも使ったから請求が来てるんでしょう?」

同じ作りの隣のお家に聞きに行ってみる。
隣のお家は1階を会社にしているので、スタッフも沢山いるのに、
「うちは1か月100,000Kip(約1,000円)だよ。」
「え、そうなの!?お宅、だって会社やってるでしょ?しかも朝晩植木にも水まいてるでしょ?
 うち、やっぱりめっちゃ高いけど!?」
「うーん、そうだよねぇ。これは高いよねぇ。何でだろうねぇ・・・」
原因分からず。

職場に請求書を持って行き、スタッフみんなに聞いてみると、
「え、高すぎる!!うちは30,000Kip(300円)だよ!」
「あ、ほんとだね、これは高すぎる。イクは1人でしょ?それでこれはおかしい」
「0が1個多いんだよ。間違いに違いないよ。」
「大家さんの所の水道料と一緒なんじゃない?」

というわけで、もう1度大家さんのもとへ。
「水道料はあなたの家の分だけだよ。
 外の水道、子供がいたずらして水抜いてるんじゃないの?」
とのこと。
玄関の前に、外用の水道があって、確かに、たまーにゲストハウスに泊まってる外国人さんが、
外から帰ってきて手を洗ってたりするのは知ってました。
でも、子供の姿は見たことがなかたので、ちょっと納得がいかない。
「外の水道使わないんだったら、蛇口取るよ。」
と言って、そそくさと蛇口を外してくれました。

埒が明かないので、とりあえず明日水道局へ行こうと思っていた昨日の夜、
玄関先で大家さんと隣のおじさんが話している声が・・・
「水道料、3,000円だってさー、あははー・・・」
会話の詳細は全く分からなかったけど、明らかに我が家の水道料のお話をしてるみたい。
そして、何で笑ってんのー!?
と、微妙に引っかかるワタクシ・・・

今朝、外の水道回りを、もう1度確認してみた。
そしたらね、水道管の妙に気づいちゃったのです。
うちの外の水道の水道管は、隣のお家から延びていて、
隣のお家の水道管は、我が家の所から延びている・・・っぽい。
あれ??、これ、何だ???

とりあえず、写真を撮って同僚に見せると、
「イクの家の水、使ってんじゃないの?」
の一言。
あ、やっぱりそうだよね?きっと。
玄関前の水道管、ぐちゃぐちゃしてるな、とは思っていました。
でも、別段気にしてなかったんだよねー、これ。
もしかすると、朝晩植木に水を撒いている隣のおじさんの水は、
私の水ではないのか、という疑惑。

本日、水道局と、もう1度大家さんの所へ行ってきます。
無事、真相が分かるといいな。


copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。