ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワットプー祭 朝の托鉢
2013年 02月 26日 (火) 12:37 | 編集
ワットプー祭、無事参加してきました。
もう、ものすごい人、人、人!!!で、驚きの日々でした。

朝の托鉢は、ワットプー祭最終日、満月の朝に行われます。
パクセーからは早朝にワットプーへ向かう足がないので、
前日からワットプーに泊まり込み。
御座を敷いて、毛布をかけて、ワットプーに泊まっちゃいました。

DSC04564.jpg

普段は静かなワットプーも、このお祭りの期間だけは、ラオス人で溢れます。
朝5時、まだ日が昇らないうちに起きて、
5時半には托鉢の場所を確保すべく参道へ。
しかーし、この時点で既に、ベストポジションは埋め尽くされ・・・
なんとか空いていたスペースにさっきまで寝ていた御座を敷き、
托鉢が始まるのをひたすら待ち続けます。

まだ暗いうちはロウソクの明かりがとっても幻想的。
この托鉢待ちの列は、参道を通り過ぎ、バライ(池)のサイドにも並び、
博物館の方まで続きます。
本当にすごい人!!
それほど、ラオス人の生活に溶け込んでいるお祭りなんだな、と実感です。

DSC04599.jpg

参道入口にあるテラスからの眺め。
人、人、人!!!
みんなキレイなシンとスア(ラオススカートとシャツ)を着て、
美しくお化粧をし、始まるのを待ち続けます。
家族で、親戚同士で、お友達同士で。
本当に仏教の国なんだなー、と改めて感じました。

そして・・・

DSC04596.jpg

テラスの後ろには、シンメトリーになった美しい朝日が!
風もなかったので、鏡のようなバライに空が映り込んで、美しい。
この景色を見られただけでも、頑張って起きた甲斐があったなー、と思ったよ。

お祭りじゃなくても、事前にワットプーオフィスに相談すれば、
朝から入れるみたいです。

DSC04624.jpg

夜も明けきった7時過ぎ、お経をあげたあとに、
ようやく托鉢のスタート。
お菓子やカオニャオ(もち米)、水、豆乳、カップ麺、お金・・・
色々なものがお坊さんの元へ。

お坊さんたちは、何か所からかスタートしていたので、
全体の人数は分かりませんが、200名近いお坊さんがいたのでは、と推測中。
偽物のお坊さんが参加するのを防ぐためか、
許可証をみなさん付けていて、それが若干のイベント感を漂わせていましたが、
パクセーでは出会えない壮大さに、参加してみて本当によかった!
改めて、ラオス人の信仰心も覗けて、
生活に根付いている仏教ってすごいな、と思います。

来年もまた、来たいなー、と密かに計画中。
どなたか一緒に、いかがですか?


関連記事
スポンサーサイト
フルムーン・ワットプー行きのバン
2013年 02月 22日 (金) 20:45 | 編集
街の中で、こんなの見つけた。

DSC04404.jpg

ワットプーのライトアップ行きのバンが出るらしい。
往復で1人130,000KIPなり。
夜でこの値段、悪くないと思います。

ライトアップはワットプー祭りのメインイベント。
しかーし、足がないと何気に大変なワットプー。
この夜のバンは、旅行者にはとってもありがたい企画なのではないかしら。
だって、車チャーターしたら結構な値段になっちゃうし、
夜はトゥクトゥクもきっと行ってくれないと思う。
そんな時にこのバン!いい仕事してるじゃない、民間会社!

行くのどうしようかなー、と思ってる方!
足、まだ何とかなりそうです。



ワットプー祭り プログラム発表!!
2013年 02月 19日 (火) 14:40 | 編集
ワットプー祭りの詳細が発表されました!
このフライヤー、美し過ぎる気もするけど、
こんか感じらしいです。

posterwatphu2013b.png

メインは、25日朝の托鉢。
そして夜に行われる、4000個のランプでのライトアップ!!
25日は満月。
ランプの明かりと、月明かりで、ワットプーが浮かび上がる予定。
もちろん、行く気満々です。

他にも、音楽コンサートがあったり、
色々なブースが出たりと、内容盛りだくさん、のようです。

プログラム詳細はこちら:
http://www.vatphou-champassak.com/images/stories/programme%20Vatphu2013EN.pdf

最近ね、パクセーに欧米人が溢れています。
これは、ワットプー祭りに向けてなのでは?と考えてみたり。
今年はヨーロッパでの広報を強化してるらしく、
きっとフランス人がたくさん来ていると思われます。
せっかくなので、たくさんの方に足を運んで頂きたいなー。

うん、うん、楽しみ~!!

Tree Top Explorer in Laos、その5 ベースキャンプ編
2013年 02月 19日 (火) 07:12 | 編集
滝をシャーっと飛んだあとは、
滝の下までひたすら山を下って行く。
すると、これから2日間のベースキャンプになる、
Tree House Hotelに到着!!

DSC04360.jpg

ここまで来た時には、やっと着いたー、との達成感この上ない。
屋根はトタンで趣が・・・と思ったけれど、
雨季があるので仕方ないと気づく。

DSC04361.jpg

Ziplineのベースキャンプ、
ハーネスをかけるところもちゃんとあったりする。
そして、入り口には炭火が終日おきていて、
ボラベン高原産のコーヒーやお茶がいつでも飲める。

そしてそして、ここの1番の魅力は、
ウッドデッキからのこの眺め!!!

DSC04362 - コピー

さっき飛び越えた滝が、なんと目の前!!
いい眺めすぎるっ!!

ここのテーブルで、毎朝ご飯を頂きます。
なんて贅沢な朝食。
コーヒーブレイクもし放題。
疲れなんて、吹っ飛んじゃいます。

乾季だったから、水量はこんな感じだけど、
雨季になると、ウッドデッキにいても水しぶきがかかるらしい・・・。
本当かしら?すご過ぎる。
そんな雨季でもツアーはやってるらしい。
ドロドロ必死だけど、Ziplineはスピードが出て面白いんだって。
体力づくりをしてから、挑戦したいわ。

ちなみに、あの滝の滝壺で、水浴びできます。
女子はサロンを持参すると便利です。


Tree Top Explorer in Laos、その4 助けてもらう編
2013年 02月 18日 (月) 07:39 | 編集
たまーに、ブレーキかけすぎてゴールに辿り着けないことがある。

090 - コピー

宙ぶらりん、なのです、私。
はい、なので、停まっているので、みんなが写真を沢山撮ってくれるPhoto time。

そして、自力ではどうやっても進まないので、
こんな時は素晴らしい筋肉、もとい素晴らしいガイドさんが助けに来てくれます。

092_20130219104342.jpg

ハーネスにつないでもらって、このまま引っ張って行ってくれるんだけど、
本当に頼もしい。
そして、ほれてまうやろー、と錯覚するくらい、
この時のガイドさんたちはかっこいい。
筋肉がね、ラオスにこんな人いるの!?ってくらいしっかりあって、
みんな、目の保養にさせてもらいました(笑)

助けもあるので、思いっきり楽しめるZipline。
また行きたいなー。

copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。