ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイト・ベンハッドゥと私
2009年 04月 25日 (土) 20:33 | 編集

今思えば、モロッコとの初めての出会いは、ラルクのPVだった。たぶん。

もう、15年近く前の話。

巡り巡って、まさかこの場所に行くとは、思ってもいなかった。


アイト・ベンハッドゥは、モロッコで一番美しいカスバだ。

どの村も、とてもとても素敵なのだけれど、この場所はグンを抜いていた。

と言うか、この村に宿泊(新市街の方だけど)出来たのも、ラッキーだったのかもしれない。

カスバが目の前に見えるホテルに泊まり、テラスからカスバを照らす朝日を見られたことは、

ここに滞在しないと体験できないことだった。

素通りしてしまうには、もったいない位の場所だった。


川をロバやミュールで渡り(後で気づいたらラクダもいて、そっちも良かったかなー)、カスバの中へ。

今もまだ修復中のこのカスバ、ベルベル人の家族がまだ数組住んでいる。

ミュールで川を渡らせてくれた彼も、カスバの中に住んでいる、と言っていた。


カスバに入ると、迷路のような道をどんどんと登り、てっぺんへ。

下に広がるカスバの奥に、川をはさんで新市街。

風の音と、目の前の風景に、やられました、私。

息を飲むって、こういうことなんだろうなー、と思ったり。

あの空気感の中に、このカスバは存在しているんだなって。

これは、行かないと分からない。

あの場に立たないと、分からない。


実はこの日、前日の雨で足元がぬかるんでいて、靴がドロドロに。

それでも、きゃっきゃ言いながら、ドロドロになりながら歩いたこの場所は、

本当に素敵でした。

さすが、世界遺産!(実はそうなの。)



ふわふわの日々。ふわふわの日々。
ふわふわの日々。ふわふわの日々。
ふわふわの日々。ふわふわの日々。

ふわふわの日々。ふわふわの日々。







関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。