ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょいと、一休み。
2010年 07月 29日 (木) 15:21 | 編集
サッズチケット


夏フェス行きたい、そう言い続けて早数年・・・
今年も行けそうにはないけれど、
お休みを取って、久しぶりにライブへ行ってきました。

ブログを読み返してみたら、前にライブに行ったのが2007年4月。
わぉ、3年振り!
もう、ライブハウスがどんな所かも忘れちゃったよ(笑)

そんなこんなで、行って来たのはサッズのライブ。
たまたまタイミングが巡り巡って、
7年ぶりのアルバムを手にして、
聴けば聴くほどはまり込んで、
ライブへ足を運ぶことになりました。

開場前のざわめきとか、
開演前の高揚感とか、
久しぶりに履いたスニーカーとか、
久しぶりに買っちゃったライブTシャツとか、
1000人近い人達がいたんだけれど、視線はみんな同じ方向で、
あぁ、ライブってこういうものだよね、と1人で納得しながら、
始まる前から、どきどきしっぱなし。

ライブのパワーは圧倒的。
ギターもベースもドラムも、圧倒的な音の重さの中に、
ヴォーカルががっしり乗っかって。
ライブバンド、って言い方が正しいかどうかは分からないけれど、
彼らはステージが良く似合う。

ギューギューのフロアの中、
叫びすぎて、腕を上げすぎて、
ヘロヘロになりながらも、心地の良い疲労感。
彼らのライブは男子も多く、フロアもパワフル。
頭の上を何人もの人がダイブ!
何曲やったのかも分からないくらい、
あっという間の2時間半。

ライブは生ものだ。
その一瞬でしか、味わうことの出来ない、
リアルな体験。
MP3の中の音とは全く異なる世界が待っている。
音の重みとか、体いっぱいに感じることなんて、
そうそうない。

あの4人+スタッフのチーム力、そしてお客さん。
この一体感、最高だ。
どうしよ、久々にこんなすごいライブに行ってしまって、
この後、物足りなくなりそうな予感。

***

ベースのクボタさん側にいたのだけれど、
なんであんなにジャンプしながら弾けるの!?
かっこよすぎる。
そして、42歳の清春氏は、相変わらず素敵でした。

関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。