ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真のワークショップ1回目
2011年 02月 15日 (火) 14:07 | 編集
行って来ました。
TRAVEL CAFE BLISSで行われた写真のワークショップ。
講師は須田誠さん

すごく素敵なカフェで、旅が好きな方にはきっとたまらない空間で、
写真のお話を聞いてきました。

DSC00178-3.jpg

私、旅の時は、あんまり写真を撮らない。
旅じゃなくても、あんまり撮らない。
極度のめんどくさがりと、
その場に身を置いている状態や、
目の前に広がる情景に、
ついつい、シャッターを切ることを忘れてしまう。
カメラを持って行っていればまだいいけれど、
忘れても、まぁいいか、私今ここで見てるし、感じてるし、
って、思ってしまうのだ。

あと、私がいくら撮っても写りきらない(と、思っている)、
でっかい世界に、やられてしまったのかもしれない。

そんな私が、普段おうちでだらだら休日を過ごす私が、
なんとワークショップに参加をする(しかも写真)。
なんて、画期的。なんて、革命的。
みんなに驚かれつつ、自分でも驚きつつ、
調子に乗ってカメラも購入してしまった・・・。

なんだかね、ピンと来たんだ。
なんだかね、今だと思ったんだ。

そんな直感だけで、ワークショップに参加してきました。

超ド素人なワタクシ、カメラも今流行りの小さなマイクロ一眼。
周りはみんな、本格的な匂い。
絞りとか、F値とか(あ、一緒?)もう分かんなーい。
そんな状態で、どきどきしながらワークショップは始まったのでした。

須田さんのお話を聞いていくうちに、
自分のことを言われているようで、ドキリ。

 写真はね、自分自身が写るんだよ。
 写らないのは、ちゃんと見ていないだけ。

あ、これって私のことなんじゃ・・・
いくら写してもちゃんと撮れないから、もういいや、って思っていた。
けれど、これって、ちゃんと私自身が目の前のことを見ていなかっただけかもしれない。

写真は押すか、押さないか。
あ、旅もそうだな、って。
旅に出るか、出ないか。
ただ、それだけ。

次回も楽しみ。
先生の言う通り、とりあえず、カメラは毎日持ち歩く事にしました。
そしてちょっとだけ、シャッターを切ってみようと思えるようになった今日この頃。

DSC00173-1.jpg

このターキッシュライス、優しい味でおいしかった。
ボケボケなのはご愛嬌。

関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。