ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
里帰り・盛岡5(メモ)
2011年 06月 07日 (火) 11:54 | 編集
GW岩手日記も滞り中だったので、こちらも続きを。

盛岡周りで帰省したのは、
THE BACK HORNの盛岡Club Change WAVEに立ち寄りたかったのもあり。

盛岡Club Change WAVE、昔は何だか駅からものすごーく、
遠いイメージだったんだけど、
今年に入ってお引越ししたらしく、
新しい場所は、昔映画館の盛岡フォーラムが入っていた所に。

地下に降りた瞬間、懐かしさがこみ上げる。
だってフォーラムの造りまんまなんだもん。
よく通ったな、盛岡フォーラム。
ミニシアター系の映画を公開から半年、1年遅れくらいで、
たった1週間だけ公開するような、素敵な映画館。
公開からいくら遅れても、東北の片隅で、
映画館で観られることが嬉しくて。
あの頃が1番映画を観ていたから、よく通ってました。
年越しオールナイトチェコ映画祭とか、
今考えると、かなりマニアックだな。
ホットワイン飲みながら、朝一でそのまま初詣に行ったのを覚えてる。

そんな懐かしさの中、会場に入ったら、
ちょうどよい広さのハコがありました。
どこの場所からもステージが見渡せる。
ほんと、ちょうど良い広さ。
駅から割りと近いこの場所に、こんなライブハウスができるなんて。
盛岡、いいね。

この日は昼に、満開の桜の木の下でも、
音楽を聴いたばっかりだったから。
続けざまにバクホンで、音楽の力を見せ付けられたような気がした。

盛岡の街は、普通の生活を続けていたけれど、
だけどこう、目に見えない、何かしらの空気感のようなものがあって。
自衛隊の車もまだたくさんあったし、
普通なんだけど、普通になりきれていない感じ、
普通にしてはいけない感じ、被災地と呼ばれる感じ、
なんだか、なんだか、
色々なことが、ぐるぐる、ぐるぐるしていて。
それって、離れてる私がちょっとだけ感じるのとは比べ物にならないくらい、
住んでる友達や、みんなは口にしないけれど、
感じていることなんだろうな、と想像できないけれど、してみたり。

だから、何も言わずにガツンとライブ。
それだけで十分だ。
盛岡でも、音楽聴いていいんだよ。
がんばるため、とかじゃなくて、
ただ、それだけで、いいんだよ。
そう、言ってもらってる気がした。

相変わらず、ライブは楽しかった。
バクホンのみんなもそうだけど、
なによりこの日は、お客さんパワーにやられた。
一緒にあの空間にいられて、幸せだったな。
ありがとう。

morioka.jpg

01.サニー
02.声
03.上海狂騒曲
04.赤眼の路上
05.生命線
06.桜雪
07.夏草の揺れる丘
08.戦う君よ
09.コバルトブルー
10.刃

アンコール1
01.世界中に花束を
02.光の結晶
03.無限の荒野

アンコール2
01.泣いている人

関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。