ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『奇跡』を観た日
2011年 06月 29日 (水) 20:56 | 編集
今日は、『奇跡』を観てきた。

大好きな是枝監督の最新作。
それを観るために、近所のいつも行く映画館ではなく、
少し離れた、でも上映している所では一番近い映画館まで、
久しぶりに足をのばしてみた。

九州新幹線が初めてすれ違う時に起きる、奇跡。
願い事を叶えるために、子供たちが走りまわる。

言葉にすると、何だか大それた感じがするけれど、
至ってシンプルな、是枝ワールド。

ラストの、

世界って何なん?

って聞かれた後の、
一瞬のオダジョーの顔がまた、いい。

世界を選んだ兄と、
父を願った弟と。

まえだまえだもよかったよ。


ディスタンス以降、是枝さんの作品は、
映画館で観るようにしてきた。
どこにでもある、日常なのかもしれない。
だけど、それが、温かい。


帰り道、映画館近くの本屋さんに立ち寄る。
初めて入る本屋さんはドキドキする。
いつも行く本屋さんは、欲しい本を探すのには便利だけど、
初めて入る本屋さんは、思い掛けない出会いがあるのが嬉しい。

特にこれと言った物欲はないけれど、
本だけは何も気にせず買うようにしている。
今日も気づけば5冊購入し、本屋向かいの珈琲屋さんでお茶をしながら読みふける。
その後、地元まで帰って、再びスタバで読書。

帰り道、久しぶりに夕日を見た。

焼鳥屋さんで、焼き鳥を数本買って、
フランフランで買って来たグラスで初めてのハイボールを作る。

何でもない、休日、なのだ。

だけど、そんな普通な休日が、とてもとても、愛おしい。

夕日を見ながら、あ、こんな日も大切だな、と思った。

『奇跡』を観た日だから、なおさらに。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。