ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラオスイーツ「ナム・ワーン」
2012年 10月 28日 (日) 23:36 | 編集
タラート・ダオフアン(ダオフアン市場)の中の食堂の一角にある、
ナム・ワーン屋さん。

DSC03107.jpg

ナム・ワーン。
ラオ語で、ナムは水、ワーンは甘い、を意味します。
直訳は甘い水。
寒天や、ムニュムニュした食感のゼリーっぽいのや、
コーンなんかに、甘いシロップとココナッツミルクを入れてくれます。
そして氷で冷やして、あんみつのように頂きます。

DSC03108.jpg

ココナッツミルクが苦手でなければ、美味しい!
中に入ってるムニュムニュした食感のゼリーっぽいのが好き。
(でも、何で出来ているかは分からない・・・)
これで1杯5000キープ(約50円)。

タラート(市場)歩きに疲れたら、ちょっと立ち寄ってもいいかもしれません。
お持ち帰りもでき、ビニール袋に入れて持たせてくれますよ。

ラオス、基本何でもお持ち帰りできます。
食べて残ったものとかも「サイ・トン・デー(袋に入れて!)」と言うと、
大抵やってくれます。
日本では中々出来ないけど、これはいい文化だな、と思ったり。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。