ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オークパンサー ~朝の托鉢~
2012年 10月 31日 (水) 21:48 | 編集
ゲストハウスの窓の外から、
今晩もカラオケの音がやみません。
ラオス人、歌って踊るのが、大好き!

さて、10月の満月だった昨日は、オークパンサーのお祭りがありました。
オークパンサーは、雨季の時期、
7月から3か月間、自分のお寺で修行に励んでいたお坊さんたちが、
修行を終えてお寺から出て来る、そんな日。

朝から、ご近所の方に、お寺に托鉢をしに連れて行って頂きました。
お寺の中も、外も、これでもかー、と言うほどの人の山。
みんな、この日をとってもとっても、待っていたんです。
お坊さんが修行をするから、と言う理由で、
この期間はビールを断つラオス人もいるそうで、
そんな人たちは、この日いよいよ、ビールも解禁となります。

DSC03211.jpg

お坊さんの説法があり、それが終わったら、
托鉢にお坊さんが周ってきてくれます。

お寺に行くときは、女性はシン(ラオスのスカート)を着て、
それはそれは、美しい。
もちろん、私もシンを着て出かけました。
シンは、ラオスに来てから、3枚作りました。
布を選んで、仕立て屋さんへ持って行き、サイズをきちんと図って、
体型に合ったものに仕立ててくれます。
布が沢山有り過ぎて、見ているだけでも楽しくなります、ほんと。

DSC03210.jpg

托鉢では、お菓子やカオニャオ(もち米)、果物、飲み物、お金・・・などなど、
様々なものを持って行きます。
これを、周ってきたお坊さんに渡します。
お祈りしながら、托鉢してみました。

そして、終わった人から、そそくさと家路につきます。
祝日ではないけれど、この日は大抵、お仕事はお休み。
なので、帰って、夜のお祭りに備えてゆっくりと。
既に街中、夜に向けて、沢山の屋台の準備が始まっています。
夜のお祭りはまた今度!
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。