ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北の、春をおもう
2013年 01月 23日 (水) 19:59 | 編集
ARABAKI ROCK FEST.13の参加アーティストのラインナップが発表されました。
いやいや、これは観たい人たちばかりじゃないですか!?

ハナレグミ
勝手にしやがれ
EGO-WRAPPIN'
Curly Giraffe
ザ・クロマニヨンズ
ZAZEN BOYS
怒髪天
七尾旅人
THE BACK HORN......

東北の春に、みんなやってきてくれるんだなー、と思うと、
うん、すごく嬉しいし、
そこにいられないのが、悔しかったりもする。
やっぱりARABAKIは、春が似合うね。

東北の春。
私は、この短い時間が好きだ。

冬の間、いつもより小さく狭くなっていた世界が、
春の日差しと共に、一気に広がり出す感じ。
モノクロの世界に一瞬で色が湧いてくるように、
眠っていた東北の大地が起き上がる。
先を競うように、柔らかな新芽が地上に這い出て、
若い緑のにおいにむせるように、春がやってくる。

その、静かなエネルギーの塊が、東北の春なんだな、と、
離れてみてから、これは気づいたこと。
住んでた時は、あたりまえに毎年やってくるから、
あんまり気にしてなかったけれど、
一瞬の春を生き急ぐかのように、色々なものが動き出していた。

きっと、今年も変わらずそうなんだろうと思う。
きっと、来年も、再来年も。

その変わらない中に久しぶりに帰った時、
きっと東北人のごとく、何も言わずに受け入れてくれることを期待して。
故郷に思いを馳せてみた本日です。

日本から、唯一持ってきた本が壬生義士伝上・下だったんだよねー。
久しぶりに読んで東北モードだったのと、ARABAKIで、
何だかプチ・ホームシック中(笑)。

東北の春は、駆け足です。
ARABAKIの後に、桜を追って、北上してみるのも、楽しいかもしれません。

関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。