ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワットプーについて、ちょっと悲しかったこと
2013年 03月 26日 (火) 07:04 | 編集
ラオスについて書いてるブログをね、色々と見ていたら、
「世界一汚い世界遺産、ワットプー」って感じの記事を書いている人がいたんだ。
この記事タイトル見ただけでね、
あぁ、この人はワットプー祭りの直後にワットプーに来ちゃったんだなー、って思って。
読んでみたらやっぱりそうで、何だか悲しくなってしまいました。

記事を書かれている方にとっては、1度きりのワットプー訪問かもしれない。
それでワットプー祭りの直後は、ごみばかりの姿を見せられて、
非常に残念な思いをされたと思う。
だけどね、それが全てじゃないのー、って思って、この記事を書いてます。

普段のワットプーは、ごみもきちんと処理されていて、
趣のある、美しい姿を見ることができます。
私はこの、荘厳とした静かなワットプーも大好きです。
山の上から見下ろす、バライとその先に続くメコンの流れ。
いくらでもぼーっとしていられる、のんびりとした所もお気に入りの1つです。
これが世界遺産なの?って言われるほど、小さくてのんびりとしている所だけど、
ここからクメール遺跡が始まったんだな、って思ったら、
ちょっとドキドキしちゃいません?
アンコールワットはあっちの方だよなー、とかね。

そんな、美しい姿のTHE・世界遺産なワットプーの姿を見たい方は、
どうか、ワットプー祭りを避けて、ワットプーへお越し下さい。
ワットプー祭りは例年1月~2月の満月の日1週間ほど前から始まります。
ですので、それを避けて、見学に来て頂けると、悠久の時間を感じられると思います。
よろしくお願いします。

そして、私にはもう1つ、こっちの顔のワットプーの方が、
実は、人間臭くて、とっても大好きなんです。
それは、まさにワットプー祭りのワットプーの姿。
あの、ごみごみとしたラオス人でいっぱいのワットプーの姿なんです。

ワットプー祭りは、ラオス人の生活の中のお祭りで。
あれ、うちの県にこんなに人いたのー!?、と思うくらい、
あの広大な敷地がラオス人で埋まります。
南部ラオスの他の県はもちろん、遠くはビエンチャンなんかからも、
訪れる人もいるような、ラオス人にとっては一大祭り。

いつもは何にもない所に、たくさんの出店&ブースが出たりして。
私も最初はね、世界遺産にこんなにお店とか出して、
景観が壊れまくりじゃない、と思っていたんだけど。
だけどね、これは、地元の人達にとっては、1年に1回の楽しみでもあるんだよね。
だって、パクセーで何でもあるわ、って思ってる私だって、
タイとかから来てる出店にどきどきしちゃったもの。
郡の村の人とかね、ここぞとばかりにお買い物したり、
バライの周りに御座敷いて、キンビア(ビールを飲む)したりしてね、
思い思いに過ごすのです。
そんな時間を、なかったことにしましょう、とは言えないもの。

満月の朝の托鉢に向けて、前日の夜からみんなワットプーに泊まり込みなんだけど、
いつもは早寝のラオス人、どうしたーっ!!ってくらい、盛り上がる。
音楽ガンガンかかってるし、キンビアしまくりだし、花火も上がって、
ラオス人のテンションもとっても上がってる!!
そんな様子を見ているのも実はちょっと楽しかったりして。
そして、そのまま朝を迎えるのです・・・

早朝、まだ朝日が昇らないうちから、ワットプーの参道では場所取りが始まります。
昨夜まであんなに飲んだくれてたみんながね、
きれいなシンとスア(ラオススカートとシャツ)を着て、
お坊さんへの供物を沢山用意してね、参道で待ってるの。
それがねー、もう、すっごい自然なの。
夜が明けて、辺りが明るくなってきて、周りの風景は変わっていくのに、
そこにいるラオス人だけは変わらないでそのままなの。
自然にひたすら、托鉢が始まるのを待つんだよね。

ワットプー祭りっていうお祭りではあるんだけど、
もうね、これは生活の一部なんだなって、すごく感じました。
ラオス人にとってはここにいるのが当たり前で、
お坊さんに食べ物やお金を差し出すのは当たり前で、
こんなに宗教と生活が一緒になっている世界を経験したことがなかったから、
ものすごく新鮮で、何だか、ものすごく羨ましくなったり。

だからと言って、ごみの問題までOKになる訳ではないんだけど、
それは、これからの国なんだなって思うから。
もう少し、気長に待ってはいただけないでしょうか?

どちらのワットプーも、ワットプーです。
どちらを選ぶのかは、あなた次第です。

中々アクセスしにくい場所ではありますが、
よろしければみなさん、1度はお越し下さい。
お待ちしています。



関連記事
Comment
この記事へのコメント
側面
滞在期間の短いことが多い日本人は、一部を見て、それが全てだと思ってしまうからねぇ。私も注意しなければ。
2013/ 03/ 27 (水) 06: 37: 06 | URL | らぐじ~ # f/lc4gUk[ 編集 ]
なかなか難しいです。滞在が長くなっても、ラオスの情報の曖昧さに振り回されること、しばしばなので、日本から旅行される方はもっとですよね。気を付けないと。
2013/ 05/ 26 (日) 14: 26: 03 | URL | iku # wcX8p5eA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。