ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のワットプー
2013年 05月 06日 (月) 07:57 | 編集
このGW、日本からお友達が遊びに来てくれたので、
一緒に南ラオスを周ってきました。
うちの県、こんなに周る所あったのねー、と思うくらい、
色々と見てもらうことが出来て、私も旅の感覚を少し思い出せて、
良い時間を過ごすことができました。

DSC05147.jpg

世界遺産は外せないよね、と言う事で、ワットプーへ。
ワットプー祭り以降初めてきたので、約2か月ぶりのワットプー。
あの時の喧騒が嘘のように、ひっそりと佇んでいました。

ちょうど行く直前に大雨が降っていたので、
しっとりと濡れた感じが、また素敵に感じます。
こういう、落ち着いたワットプーもいいよね。

DSC05150.jpg

タイからの団体旅行のみなさんが帰ったばかりのようで、
至る所に、マリーゴールドの花輪が供えてありました。

DSC05169.jpg

傾斜のきつい階段を登りきった先には、
ドーンと構えております、本殿が。
雨上がりだったせいか、こんなに人のいないワットプーは初めて!
というくらい、人がいなくてね、しっとりしていて、すっごい素敵なのです。
雨上がり、個人的にはとってもおすすめ。

DSC05172.jpg

ここ一番の美人さん。
惚れ惚れするような美人さんなので、ぜひ探してみて下さい。
私のカメラはしっかり顔認識してました・笑

DSC05167.jpg

本殿前のテラスからの眺め。
最高です、この見晴らし!!
ここで何もしないで、ぼーっと過ごすのも私は好きです。
雨季が近づいて来たせいか、緑が少し増えたような気がします。

DSC05182.jpg

お天気が回復してきた帰り道、
バライの横で牛たちが草を食んでいました。
まぁ、ただの牛なんだけど、みんなカメラのシャッターが止まらなかったよね・笑
ザ・ラオスっぽい風景、なのかな。

ワットプー、入場料は30,000Kip(約400円弱)。
バライの横の道を電気自動車で移動する場合は+15,000Kipの45,000Kip(約560円ほど)。
暑い日中は電気自動車での移動が便利だけど、少し曇っていて歩けそうなら、
のんびりと散策しながら、本殿を目指すのもいいかも。
途中で、牛や子供たちに出会えると思います。

パクセーからは、公共の交通機関(ソンテウ)だと日帰りが厳しいので、
チャンパーサック郡に泊まることになるのですが、
ゆっくりとした村での時間も楽しめるので、お時間がある方はぜひ。
日帰りで行きたい!という方は、バイクをレンタルするか、
トゥクトゥクのドライバーに交渉して貸切にするのも1つです。
旅行会社が日帰りバンの定期便を出してるみたいなので、それを利用するのもいいかもしれません。
(ただし、現地滞在が長くて、若干飽きるという噂のバンですが。)

関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。