ふわふわの日々。
~ラオスで暮らしてみたら~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドーン・コーング島の渡し船に乗ってみた
2013年 07月 16日 (火) 07:41 | 編集
この週末、県内をぐるりと周ってきました。
初めて行くところも多々あり、色々と新発見ありで、
うちの県、やっぱりおもしろいわー、と改めて実感です。

シーパンドンで一番大きな島、コーング島。
ここは今でも橋がないため、渡し船に車ごと乗っかって渡ります。

DSC05699.jpg

こんな感じの船に板を渡して床を作っただけの、簡単なもので島へ渡ります。
車乗ってるのが見えますよね。
今からあれに乗ってみます。

DSC05702.jpg

船の上です。
もう、本当に板を渡しただけなんだよね、びっくり!
これ、沈まない?大丈夫?と思いながらも出発です。

DSC05705.jpg

舵はいっちょまえにかっこいい感じです。
お兄ちゃん、安全に届けてくれたまえ。
そう、何が心配ってね・・・

DSC05704.jpg

あれ、デカい何かが見えます・・・
私たちの車の隣に乗っているのは・・・

DSC05700.jpg

なんと、8トンのブルドーザー!
いやーん。

渡し船に並んでいた車の列に、突如として現れたブルドーザー。
いやいや、まさか乗るの?乗らないよね?
そんな願いもつかの間、車が全車乗ったところで、最後に乗船・・・
ちゃんと無事に向こう岸まで辿り着きました。

8トン乗っても大丈夫!なんで、みなさん安心してご利用下さい。

昼間、他の車と何台かで乗り合いであれば、
車1台25,000~30,000Kip。
夜7時過ぎたら、40,000Kip。
ちなみに、24時間営業。
夜中に1台で渡りたい場合は、80,000Kipで出してくれるらしい。
船で船頭さんたちは寝ているので、起こしてね、とのことでした。

Comment
この記事へのコメント
ある意味
サービス満点だね。
2013/ 07/ 20 (土) 20: 03: 29 | URL | らぐじ~ # f/lc4gUk[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ふわふわの日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。